• iPhone7sで動画を撮る

    iPhone7sのカメラ機能はスマートフォンの中でも比較的明るめに設定されており、各種アプリを使うことでデジカメにも負けない画像が撮れると好評です。


    iPhone7sのカメラは静止画以外に動画も取れます。



    動画についてはフルHDにも対応していますが、機種によります。
    ただし、4Sであってもきれいな動画は撮れますが、編集作業等については5S以降の機種でないとうまく動作しない場合も多いようです。

    真剣にYahoo!知恵袋を知るならこのサイトです。

    iPhone7sで動画を撮る際はいくつか注意しておくと綺麗に撮れると言われてます。


    1つはブレ対策です。
    画面を見ながら撮影するので手ブレに気づきやすいと思われがちですが、静止画と違い、動画の場合は気づかない手ブレが多数発生しやすいです。

    そのため、できれば3脚、ない場合には腕を出来る限り固定して撮影することをオススメします。


    2つ目は撮影容量です。

    静止画の場合は最大でも数MBですが、動画の場合はすぐに100MBを超えてしまいます。

    あまりに重い動画はネットを通じて転送するのも大変ですし、iPhone7sで編集できない可能性がでてきます。

    適度な時間で切りながら撮影することが大事です。



    撮影には純正アプリのほかにさまざまなアプリが利用できます。

    明るさ調整やフィルム調撮影など個性豊かな撮影方法が用意されています。