• 新しいiPhone7sの液晶保護方法

    iPhone7sの液晶を保護する方法としてはケースを使ったり、液晶保護シートを使った方法が一般的でしたが、最近増えてきているのがフッ素などの化学物質を使って液晶を保護する方法です。



    これらの方法は一般的にこれまでコスト面で使わない方が多かったのですが、価格が下落したこともあり、利用する方が一気に増えています。


    フッ素の利点はいくつもあります。1つは施工が簡単な事です。

    OKWave情報がさらにわかりやすくなりました。

    iPhone7sの液晶は強化ガラスが使われていますので汚れをしっかり落とし、その上からフッ素を垂らしてならすだけです。
    乾燥に注意が必要ですが、難しいことは少ないです。

    2つ目はタッチがとてもしやすくなることです。



    フッ素加工はフライパンなどでよく使われていますが滑りが特によくなります。


    iPhone7sの強化ガラスも滑りがよいことで評判ですが、それ以上の滑りがよくなり、ゲームでは特に変化を感じる方が多いようです。

    3つ目はなかなか剥がれないことです。


    化学物質を塗るタイプは効果が無くなるのが早いと言われており、定期的な施工が必要になりやすいのですがフッ素の場合は乾燥さえしっかり行えば長期間すべすべな状態が続きます。
    また、フッ素は脂分などを弾きますので掃除もし易い状態になります。
    保護シートの場合は気泡や傷で見栄えが悪くなるのですが、フッ素加工の場合は傷にも強く余程のことがなければ傷はおろか、汚れも付着することがないと言われています。